大学について

 武当山の龍門派内三丰派にて、総師範として活躍していた王氏が所有していた膨大な資料、そしてその理論および技能を集大成して、この大学にて詳細に記録し保管することにしました。

 近代中国の国策において、消滅したこの古がここにあります。